年齢による衰えを食い止めるサプリ

若い頃は、夜寝なくたって仕事に行けたし、疲れは一晩でとれたのに、日に日に身体の疲れが取れなくなった。いつまでも身体がだるいなんてことありませんか?それは体の中のホルモンが徐々に減ってきているからなのです。

その一つに成長ホルモンが関係しています。成功ホルモンには人の身体の中で多くの大切な役割を担っています。成長ホルモンは、筋肉の発達に欠かせないタンパク質を合成する役割、血糖値を高めて組織のエネルギー消費を高める糖質代謝の役割、脂肪細胞に蓄えられる中性脂肪を分解し脂肪の代謝を良くする役割、カルシウム・リン・マグネシウムなどのミネラルを代謝し、骨の形成を促進する役割を担っています。この成長ホルモンは脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、10歳から14歳のころに血中分泌量がピークになります。その後徐々に減少していき、50歳を超えると個人差はありますがピーク時の7分の1ほどに減ってしまうと言われています。成長ホルモンが不足することで、体の疲れやだるさといった疲労感や意欲の低下、集中力の低下、肌の老化等身体のあらゆる部分に変化が出てきてしまうのです。

では年齢と共に減っていく成長ホルモンですが、増やす方法はないのでしょうか。実は生活リズムの中で増やす方法と人工的に増やす方法があります。
生活リズムでは、睡眠や適度な運動、食事が大切になってきます。睡眠中に成長ホルモンが分泌されるわけですが、この睡眠の質が悪い場合、成長ホルモンが分泌されないどころか寝不足からの疲労にもつながります。また運動により乳酸が体内に発生することで成長ホルモンが分泌されるとも言われています。なかなか運動の時間が取れない、体力的に無理といった方でも、スロートレーニングや加圧トレーニングを取り入れることで、身体への負担を少なくしながら乳酸を発生させることが可能で、成長ホルモンの分泌につながります。食事面では、成長ホルモンはタンパク質から生産されると言われています。食事に偏りがある方はたんぱく質が不足する場合があるため、食事内容を見直してみると良いでしょう。

人工的に成長ホルモンを増やす方法としては、サプリメントの摂取がお勧めです。サプリメントには、アルギニン、ナイアシン、グルタミン等様々な種類のサプリが販売されています。選ぶ際には、今の身体の状態や目的とそのサプリメントの効果がマッチしていることと、副作用などの注意事項をしっかり守ったうえで摂取してもらいたいと思います。

飲み合わせや効果など考えてサプリを選ぶのが面倒という方に朗報です。

1つのサプリでホルモン分泌をUPさせてマルチに効き目が期待できるサプリがアンファーから発売されます。

メッシでCMもしているので記憶にある方も少ないくないと思います。

その名もDOU(どう)です。

トータルに効き目があり、男女とも一緒に飲めるのがAS10。これはNASAが開発し、アメリカでも実績があるサプリの日本版らしいです。

なんだかNASAがサプリって意外ですね。

その他にも女性用、男性用と専用サプリがあるみたいですね。

私は男性用サプリダンホルを試してみます。AS10とも迷いますが、男性らしくなりたいので(笑)

年齢と共にどうしても身体の中で作られるホルモンは少なくなっていきます。その結果、髪の毛が薄くなった、肌の衰えが目立つ、疲れがなかなか取れない、いつもだるいなどの不調が出てしまうのです。そこで努力するかしないかで、身体の調子は全然違います。出来ることから少しずつ挑戦し、快適に毎日を過ごして欲しいと思います。

これからのアンチエイジング用サプリ

年齢を重ねると体のさまざまな箇所に加齢の影響が出てくるものです。加齢によって特に目立つものとしては、お肌のハリが失われてたるみやシワができたり、今までに何もなかった部分にシミが目立ってくるなどの症状です。

また人によっては体の複数の箇所から加齢臭がするようになって周囲の人に指摘されたり、特に外出や運動をしていなくても疲れやすい状態になってよく横になってしまうこともしばしばです。この加齢によって現れてくる症状ですが人によって顕著に出てくる年齢は違っており、同じ年齢でもある人はしわやたるみがそれほど目立たないのに、別の人は実年齢よりも10歳年上に見られてしまうくらいしわやたるみが目立って老け顔になってしまうことがあります。

加齢の症状に関しては誰しもができる限り出て欲しくない、もしくはできるだけ出てくる時期を遅らせたいことから、こぞってアンチエイジングのための対策をしたいと思うものです。このアンチエイジングの方法については化粧品を使用する、食生活に気を付ける、運動をして筋肉を付けるなどさまざまな方法がありますが、男女関係なく気軽にできる方法としてはサプリの摂取があります。

現在アンチエイジングに適したサプリはスーパーやドラッグストアなどの実店舗はもちろん、インターネットでも数多くの種類のサプリが販売されています。これらのサプリについては、アンチエイジングに大きな影響を与えるホルモンの状態を改善させる作用があるものも多いです。ホルモンの状態を改善させる代表的なサプリとしては、大豆イソフラボンやエクオールなどいくつかの種類があります。

加齢によってそれまで比較的安定していたホルモンのバランスが崩れたり分泌量が減少してしまうとお肌の老化を招いたり体の疲労感を感じやすくなるなどの症状が現れるため、ホルモンに影響を与えるサプリを服用するのがアンチエイジングにはとてもふさわしいものです。

またホルモンだけでなくお肌のコラーゲン量の減少も加齢によって促進され、お肌の老化を招く原因となることから、コラーゲンのサプリを服用して対策をするという方法もあります。サプリにはさまざまな種類があるのですが、中にはアンチエイジングの対策に有効な成分をさまざま含んでいるようなサプリを販売しているメーカーもあるため、何種類ものサプリを服用するのが大変だという場合やサプリの費用を節約してアンチエイジングに取り組みたいという人には特におすすめです。

アンファーのサプリDOU(どう)は流行間違いなしです。

エクオールに次ぐ、それ以上のサプリになると思いますよ。

簡単にできるアンチエイジング対策

加齢とともに肌のハリがなくなりたるみが出てきた、肌のシワやシミが多くなってきた、最近とても疲れやすい体になったなどの年を重ねるごとに肌や体に異変を感じている方は意外と多いのではないでしょうか。何とかして若々しい元気な体でいたいという方はアンチエイジング対策を行うと効果的です。

しかしアンチエイジングと一口に言っても何をすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。実はアンチエイジングは日常生活のちょっとした心がけで誰でも簡単に実践可能なものなのです。そこで簡単にできるアンチエイジング対策について見ていきたいと思います。

アンチエイジングの対策で基本となるのは、食生活の改善と言われています。体を構成する栄養素を摂取するもしないのも普段の心がけ次第となります。食生活で重要となってくるのはタンパク質の摂取です。タンパク質は体の筋肉や肌を形成する効果を持っており、とても重要な成分となっています。肉や魚、卵などに含まれており摂取しやすいのですが、摂り過ぎはカロリーが多くなるので大豆製品や野菜類などと一緒に摂取するとバランス良く食事できます。

また抗酸化作用を持つ食事も重要になってきます。酸化することにより体や肌は老化したり加齢臭などの原因となるのですが、この酸化を抑える抗酸化作用を持つ食品が存在しており、意識的に摂取を心がけたいものです。抗酸化作用を持つ食材として有名なのはバナナです。バナナには他の食材と比べても極めて高い抗酸化作用を持っている他、食物繊維も含まれていますので腸内環境を整えるのにも最適です。バナナは手軽に手に入る食材で摂取しやすいので、アンチエイジング食材の王様といっても過言ではないのです。

またアンチエイジングには睡眠も重要となってきます。睡眠中には成長ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは古く傷ついた肌を修復したり、体の組成を助けたりとアンチエイジングには欠かせない物質なのです。この成長ホルモン分泌を促すためには質の良い睡眠が要求されてきますが、そのためにはいくつか条件があります。まず寝る前のスマホやテレビは厳禁で、眠りにつきにくくなり浅い眠りになってしまう危険があります。また朝食を必ず食べて腸内時計を設定するようにしましょう。そして決まった時間に太陽の光を浴びてセロトニンを分泌させ、体内時計を調整しましょう。またどうしても眠りが浅いという方はサプリに頼ってみるのも一つの手ですが、できるだけ普段の生活習慣を見直して睡眠の質を変えていくのが王道といえます。

アンチエイジングの対策は何も難しいことを行う必要はなく、日々の食事や睡眠などの生活習慣を整えれば誰にでも実践可能なものなのです。

アンチエイジング化粧品

30代後半や40代以上にもなると若い時と比べて乾燥が気になったり、化粧水をつけてもなかなか浸透しないなど、肌悩みが多くなります。他にもシミやシワができたり、たるみで顔が大きく見えたり、ほうれい線が目立ってきたり、今までのスキンケアでは満足できないと感じている方が多いと思います。このような悩みを解決できるのがアンチエイジング化粧品やサプリです。アンチエイジング化粧品で外側から、サプリで内側からのケアする事で若さを保てるようになれます。

ただ一言でアンチエイジング化粧品といってもいくつか種類があります。何でもいいというわけではなく、自身の肌質や肌悩みから選ぶ必要があります。私の場合、乾燥やたるみに悩んでいたので保湿効果の高いアンチエイジング化粧品を使用しています。保湿効果の高い美容成分というとコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタやセラミドなどです。他にも保湿成分はありますが、特にセラミドは保湿効果が高いと聞いたのでセラミド配合のアンチエイジング化粧品でケアしています。

セラミドは水分を閉じ込める効果があるので乾燥を改善してハリのある肌を目指せます。ですから、これからアンチエイジング化粧品でケアするなら配合されている美容成分を比較して決めるのがお勧めです。また、これらの効果をより発揮するならサプリでケアするのもお勧めです。アンチエイジングサプリにもいくつか種類があり、プラセンタの他、大豆イソフラボンやコラーゲンなどがあります。

プラセンタや大豆イソフラボンなら肌をふっくらさせてハリのある肌を目指せますし、ホルモンバランスを整える効果も期待できるので更年期障害対策としても摂取する事が出来ます。特に40代半ばや後半になると更年期障害の症状も現れてきます。しっかり寝ても日中、だるさを感じたり、疲れやすいと感じる事が多くなり、仕事や家事に集中できなくなり、やる気も失くしてしまいます。他にもイライラしたり、冷え性に悩まされたり、このような症状を感じるのはホルモンバランスが乱れている証拠です。ですから、ホルモンバランスを整える食事で対策するのが理想ですが、毎日バランスのいい食事をとるのは難しいと感じているならこのようなサプリで対策するのがお勧めです。

また、加齢による症状は肌の衰えや更年期障害だけではありません。加齢臭にも悩まされる事になります。加齢臭は特に内側からのケアが大切なので加齢臭を抑えるサプリで対策するのが効果的です。ただ、このような対策は取り組んですぐに効果を感じられるわけではないので最低でも3ヶ月、いつまでも若さを保つなら定期的に摂取していくのがいいでしょう。

アンチエイジングとホルモン

人間は、年を重ねていくにつれてどんどん老化も進んでいきます。十代の頃のようなハリはなくなり、しわやシミ、たるみ、加齢臭などに悩まされる方も多いと思います。しかし、そんな老化も何もしないよりは、食生活の改善などで老化を遅らせることはできます。老化に対抗するという意味で最近アンチエイジングと言われるものが人気になっています。そんなアンチエイジングですが、具体的にはどんなことをすればよいのか見ていきましょう。

老化の原因

1.ホルモン関係
いろんなホルモンがありますが、老化を進めてしまうホルモンと若返りが期待できるホルモンがあります。若返りが期待できるホルモンとして、エストロゲンや成長ホルモンが挙げられますが、これらのホルモンが減少すると太りやすくなったり、疲れやすくなったりします。逆に、老化を促進するホルモンは、副腎皮質ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなどです。このホルモンのバランスをうまく調整できれば、老化しにくい体に導くことができます。

酸化

金属がさびるように、私たちの細胞も酸化していきます。人間は呼吸をして酸素を取り入れますが、そのうち約2パーセントが強い酸化力を持つ活性酸素に変化します。この活性酸素が増えすぎることで、正常な細胞まで酸化させてしまうのです。活性酸素は真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせてしまうため、お肌のたるみやしわ、シミが増えてしまいます。

若返りのホルモンを増やす方法

若返りホルモンのひとつとして、成長ホルモンがありますが、このホルモンは自分で分泌を促すことができます。まずは、質のいい睡眠をとることです。成長ホルモンは、睡眠中にたくさん分泌され、特に睡眠後30分から1時間で多く分泌されます。成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝活発にしたり、血行促進して肌の老廃物を取り除いてくれる働きがあるので、美肌の維持やしみやしわの防止に欠かせないのです。その他にも運動で成長ホルモンを増やすという方法もあります。成長ホルモン以外にも、注目したいホルモンが「DHEA」です。DHEAは、納豆や青魚に含まれているので、食事でとる方法があります。また、有酸素運動などでも増やすことができます。しかし、忙しい人は運動をする暇がなかったり、食事でとるのが難しい場合があります。そんなときには、サプリメントが販売されているので、サプリメントで簡単にDHEAを摂取することができるのです。

アンチエイジングには、日常の生活をどのように過ごすのかが大事になってきます。
老化を仕方ないものとあきらめずに、老化防止に努めてみましょう。