年齢による衰えを食い止めるサプリ

若い頃は、夜寝なくたって仕事に行けたし、疲れは一晩でとれたのに、日に日に身体の疲れが取れなくなった。いつまでも身体がだるいなんてことありませんか?それは体の中のホルモンが徐々に減ってきているからなのです。

その一つに成長ホルモンが関係しています。成功ホルモンには人の身体の中で多くの大切な役割を担っています。成長ホルモンは、筋肉の発達に欠かせないタンパク質を合成する役割、血糖値を高めて組織のエネルギー消費を高める糖質代謝の役割、脂肪細胞に蓄えられる中性脂肪を分解し脂肪の代謝を良くする役割、カルシウム・リン・マグネシウムなどのミネラルを代謝し、骨の形成を促進する役割を担っています。この成長ホルモンは脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、10歳から14歳のころに血中分泌量がピークになります。その後徐々に減少していき、50歳を超えると個人差はありますがピーク時の7分の1ほどに減ってしまうと言われています。成長ホルモンが不足することで、体の疲れやだるさといった疲労感や意欲の低下、集中力の低下、肌の老化等身体のあらゆる部分に変化が出てきてしまうのです。

では年齢と共に減っていく成長ホルモンですが、増やす方法はないのでしょうか。実は生活リズムの中で増やす方法と人工的に増やす方法があります。
生活リズムでは、睡眠や適度な運動、食事が大切になってきます。睡眠中に成長ホルモンが分泌されるわけですが、この睡眠の質が悪い場合、成長ホルモンが分泌されないどころか寝不足からの疲労にもつながります。また運動により乳酸が体内に発生することで成長ホルモンが分泌されるとも言われています。なかなか運動の時間が取れない、体力的に無理といった方でも、スロートレーニングや加圧トレーニングを取り入れることで、身体への負担を少なくしながら乳酸を発生させることが可能で、成長ホルモンの分泌につながります。食事面では、成長ホルモンはタンパク質から生産されると言われています。食事に偏りがある方はたんぱく質が不足する場合があるため、食事内容を見直してみると良いでしょう。

人工的に成長ホルモンを増やす方法としては、サプリメントの摂取がお勧めです。サプリメントには、アルギニン、ナイアシン、グルタミン等様々な種類のサプリが販売されています。選ぶ際には、今の身体の状態や目的とそのサプリメントの効果がマッチしていることと、副作用などの注意事項をしっかり守ったうえで摂取してもらいたいと思います。

飲み合わせや効果など考えてサプリを選ぶのが面倒という方に朗報です。

1つのサプリでホルモン分泌をUPさせてマルチに効き目が期待できるサプリがアンファーから発売されます。

メッシでCMもしているので記憶にある方も少ないくないと思います。

その名もDOU(どう)です。

トータルに効き目があり、男女とも一緒に飲めるのがAS10。これはNASAが開発し、アメリカでも実績があるサプリの日本版らしいです。

なんだかNASAがサプリって意外ですね。

その他にも女性用、男性用と専用サプリがあるみたいですね。

私は男性用サプリダンホルを試してみます。AS10とも迷いますが、男性らしくなりたいので(笑)

年齢と共にどうしても身体の中で作られるホルモンは少なくなっていきます。その結果、髪の毛が薄くなった、肌の衰えが目立つ、疲れがなかなか取れない、いつもだるいなどの不調が出てしまうのです。そこで努力するかしないかで、身体の調子は全然違います。出来ることから少しずつ挑戦し、快適に毎日を過ごして欲しいと思います。

「年齢による衰えを食い止めるサプリ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です